不動産売却にかかる費用の内訳

不動産売却にかかる費用には、さまざまなものがあります。したがって、不動産売却したいと思ったら、売却代金の金額がいくら高いとはいっても、こうした費用を差し引いた結果として、売主の手元にはあまりお金が残らないということもあり得ますので、事前にどのような費用が必要か、節約できる費用はないかどうかなどを、よく検討しておくことが望まれるといえます。
まずは仲介手数料ですが、これは所有者に代わって広告や契約手続きを代行してくれた不動産会社に対して支払う成功報酬のようなものといえます。この費用は法令によって上限金額が決まっているものの、その範囲内であれば不動産会社が自由に決めることができるものです。交渉次第では値引きの可能性はありますが、その分だけ広告出稿の回数が減るなどといった、サービス水準の低下をもたらすこともあり得ます。
次に、収入印紙の代金が挙げられますが、これは不動産売却が正式に決まり、買主との売買契約書に貼付するものであったり、登記の際に登録免許税として国に納付するものであったりします。所有権移転登記にともなう費用については、買主のほうで負担してもらえる場合がありますが、それ以前の住所変更や抵当権抹消の登記に関しては、やはり売主のほうが負担するというのが原則です。
そのほかにも、不動産売却の対象物件によって大幅に事情が異なりますが、土地の境界確認や測量のための費用、古い建物のリフォームの費用、古い建物をとりこわして更地にする費用などがかかる場合もあります。このあたりは費用的にも高額となるだけに、しっかりとした見積りをとっておくことが肝心です。